教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

ウクライナ戦争に日本にいる私に何ができることありますか=小川仁志

 Q ロシアとウクライナの戦争に対して、何もできない自分がもどかしい

 A 人権を守ることを目的に、国際社会は「より小さな悪」を行使すべき時です

 ロシアがウクライナに侵攻し、両国の攻防が激化しています。世の中には積極的な人道的介入を唱える人もいますが、どうしても当事者の一方だけに加担するようで声を上げられません。軍事侵攻によって傷つくウクライナの人たちを見ていると、見て見ぬふりも辛いです。(高校教諭・30代男性)

 戦争に巻き込まれたくない。見て見ぬふりもしたくない。しかし、どちらか一方に加担するのは気が引けるでしょう。

残り1130文字(全文1391文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事