週刊エコノミスト OnlineゼロコストでPR SNS活用術

ツイッター ユーザー数の多さと拡散力の強さ/15=笹木郁乃

 今回はツイッターの特徴や活用法について紹介する。

 ツイッターは、国内では約4900万人の月間アクティブユーザー数を誇り、日本で実質ナンバーワンのSNSサービスである(2020年9月現在)。一方、全世界で見てみるとユーザー数は約3・3億人にとどまり、フェイスブックやインスタグラムに大きく引き離されている。グローバルよりは、国内向けの情報発信に特化したサービスといえるだろう。

 国内のユーザーの年齢層は20代が最も多く、若者向けメディアという印象が強いが、平均年齢で見てみると35歳となって比較的年齢層の偏りが少ない。

 ツイッターの特徴は、「匿名性」と「拡散性」にある。誰もが匿名で登録でき、興味があるユーザーを「フォロー」でき、面白い投稿があれば「いいね」を押したり、他のユーザーにシェア(リツイート)したりできる。

 この「リツイート」機能は、Aさんの投稿をBさんがリツイート、Bさんのリツイート投稿をさらにCさんがリツイート……というように拡散されていくので、自社の商品やサービスについて知らないユーザーにも知ってもらえる可能性がある。「まずは広く自社のことを知ってもらいたい」という目的をもってSNSを始めるのなら、ツイッターは有効だろう。

 また、他のユーザーの投稿に対してコメントしたり、自身の投稿へのコメントに対してコメントしたりと、1対1のコミュニケーションの場を作ることができるのも特徴だ。

 例えば、ある調理道具メーカーでは社内のカスタマーセンターがツイッターの管理を行っている。このアカウントでは、主に公式サイトに載せた新着情報の転載や、自社の調理器具を使ったレシピの情報を投稿してい…

残り755文字(全文1455文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事