週刊エコノミスト OnlineゼロコストでPR SNS活用術

アカウント設計/1 メッセージの方向性を確立する/16=笹木郁乃

     今回はこれまでに解説したSNS(交流サイト)で、具体的にどのような内容の投稿をすればいいかを、説明していこう。

     SNSを活用し、ビジネスにつなげていくのであれば、自社の商品やサービスのファンが増えるアカウントに育てたい。「フォロワーの数」や「バズ施策」は重要ではなく、「いいね」や「シェア」をしたくなるような、好意的な反応があるアカウントにする。それがSNS運用の目指す姿だ。

     そのためにも必要なのが、「ファンが増えるSNS設計=土台づくり」である。

     では逆に、フォロワー数の増えにくいアカウントとは、どんなものか。

     それは、軸が決まっておらず、投稿に脈絡がないアカウントである。「○○●●がおいしかった」とか「△△に旅行に行ってきました」「仕事でこんなことがありました」と、さまざまなジャンル・テーマの投稿がされていたら、読者の皆さんは、どう感じるだろうか。

     このような投稿を見たフォロワーは、「このアカウントは、何が言いたいんだろう?」「あまり役に立たなさそうだな」と感じ、フォローをやめてしまう。

     SNSに投稿することは、本を書くことによく似ている。もし一冊の中に、旅行や料理のレシピ、子供の学習方法、仕事のアドバイスなど、バラバラな内容が詰まっていたとしたら、どうだろう。何が言いたいのか、何が役に立つのか読者に伝わりにくくないだろうか。

    「子育て」「ビジネス」「ファッション」など、テーマやジャンルがきちんと決まっていた方が、読者に内容が伝わりやすく、フォローにもつながる。

     つまり、土台づくりとは、メッセージの方向性や軸を確立することだ。

    目標を決める

    「メッセージの方向性を確立する」とは、…

    残り591文字(全文1291文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事