週刊エコノミスト OnlineゼロコストでPR SNS活用術

アカウント設計/2 投稿内容の三つのポイント/17 =笹木郁乃

 前回、「メッセージの方向性」を決めて投稿し情報を発信することで、ターゲットの共感や信頼を得ることができる、と述べた。では、実際にSNS(交流サイト)に投稿する際、あなたはどのようなことに気をつけて投稿しているだろうか。

 思い付くままに投稿していると、どうしても自分の書きやすい内容に偏ってしまいがちだ。しかし、自分が食べたものや趣味について、どんなに多く投稿しても、ビジネスにつながる可能性は低いだろう。

 そこで、フォロワーの興味を引き、共感や信頼感を持ってもらえ、ビジネスにつながる投稿が必要だ。

 SNSをビジネスにつなげることを目的とする場合は、表の三つのポイントに気をつけて投稿することをお勧めする。

 まず(1)の「実績を伝える」とは、自社の活動実績を伝えることや顧客の声を伝えることである。

 例えば、「セミナーに、〇人ご来場いただいた」など、顧客に対して行った活動や、顧客からの反響を記すと良い。

 また、メディアに掲載された事実を伝えることも有効だろう。その際、単に「『○○』という雑誌に載りました」というだけではもったいない。「取材が決まりました」→「取材を受けました」→「雑誌に載りました」と分けて発信すると、より多く実績を伝えられるし、顧客と一緒にワクワクすることができる。

 実績を伝えることは、その会社や人は「信頼できるな」と思ってもらえるメッセージとなり、購買につながる可能性が高…

残り846文字(全文1446文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事