投資・運用THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 5月業績予想で悪材料一掃期待=秋野充成

 ロシアとウクライナの戦争の行方が、どれだけ厳しい展開になるのか、どの程度の期間にわたって続くのかは、現段階で予想は困難だ。ただし、3月4日、ロシアによるウクライナのザポリージャ原発への攻撃、3月7日の米国によるロシア産原油の禁輸検討のニュースによって、経済へのマイナス影響という点で最高潮に達したと思われる。

 日経平均株価は、米国株と呼応する形で3月9日に2万4700円台で底打ち、順調に反転上昇している。しかし、戦争をきっかけに下落した株価がロシアの侵攻前に戻るとは考えづらく、侵攻前の水準を上抜けすることは短期的には難しいだろう。

残り584文字(全文852文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事