投資・運用THE MARKET

日本の金融緩和解除はハードル高く、当面は0・2%前後=丹治倫敦

長期金利 当面は0.2%前後=丹治倫敦

 日本の10年国債利回りは、ウクライナ情勢が深刻化する中で0・2%付近で上下に振れる展開になっている。

 ウクライナ問題は世界の景況感にネガティブな影響を与える点では金利低下の要因だが、コモディティー価格上昇によるインフレ圧力が中央銀行の引き締めを喚起するという点では、金利上昇要因でもある。戦争の見通しに関わらず、…

残り265文字(全文441文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

1月31日号

NISA徹底活用術14 1からわかる 新旧NISAの使い方 ■深野 康彦16 新NISA 無期限に非課税枠を拡大18 60、70代の戦略 手堅く配当金狙い生活費の一部に20 NISAで狙う1 デフレマインドを大きく転換 巨額資本は日本株に向かう ■武者 陵司23 NISAで狙う2 投資の基本戦略は変 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事