経済・企業深層真相

ゲーム会社にも飛び火したウウライナ戦争 ロシア版シフトや機器の禁輸で業績に暗雲

ロシア向けゲームも禁輸へ 成長市場失う大手メーカー

 ウクライナ危機はゲーム業界にも波及している。

 日本ほか各国の大手ゲーム会社は、人気タイトルのロシア語版を販売している。しかし、今回の侵攻を受け、ロシアに対する経済制裁の強化に歩調を合わせようとする動きはゲーム会社にも及び、ロシア向け商品の新規出荷を停止する企業が相次いでいる。ソニーのゲーム子会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントは主力の家庭…

残り302文字(全文503文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事