週刊エコノミスト Online闘論席

池谷裕二の闘論席

撮影 中村琢磨
撮影 中村琢磨

 古代ギリシャの文書を補完する人工知能(AI)が、3月『ネイチャー』誌に発表された。古代ギリシャ時代には、まだ紙は発明されておらず、文書の多くは石板に残されている。石板は、パピルスや木片に比べれば長期保存に向いているが、その硬度が欠点にもなる。石板の大半は割れ、散逸しているのだ。欠損したパーツの碑文を予測し補うことは、古代ギリシャの考古学において重要なタスクとなっている。

 こうした問題が早くから認識されていたため、古代ギリシャ考古学ではDX(デジタルトランスフォーメーション)の歴史が長い。1980年代には文書のデジタル化が着手され、90年代にはすでに専門家の間で共有され、学術的研究が開始された。こうした背景が今回の先駆的な成果につながった。

残り501文字(全文825文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事