【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online闘論席

台湾有事の議論に沖縄の視点が欠けている=古賀茂明

撮影 喜屋武真之介
撮影 喜屋武真之介

古賀茂明の闘論席

 米中対立激化で「台湾有事は日本有事」という言葉が広がった。冷静に考えればそう簡単に起こるとは思えない中国による台湾への軍事侵攻ではあるが、日本では、中国が台湾を侵略することを前提にした報道が多い。親日で民主国家の台湾が習近平国家主席率いる独裁国家中国に侵略されるのは許されない、と言われると確かにそうだと感じるものだ。また、米軍が台湾救済のために派兵するのも理解できる。

 そして、「台湾の次は沖縄だ」とか、「台湾有事は日本有事だから、日本も中国と戦ってくれ」と米国に言われたら「自衛隊の派遣はやむを得ない」という答えに世論が傾く可能性は十分にある。ウクライナ危機が起きてからは、中国の習近平国家主席をロシアのプーチン大統領になぞらえて、こうした議論が急速に盛り上がっている。

残り480文字(全文826文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事