週刊エコノミスト Online闘論席

ウクライナの戦士は国際法を守る英雄だ=小林よしのり

撮影 中村琢磨
撮影 中村琢磨

小林よしのりの闘論席

 ロシアが現在ウクライナでやっていることは、国際法を完全に無視した蛮行である。

 これを許したら世界は弱肉強食の論理のみが支配することになり、17世紀の英哲学者ホッブスの言う「万人の万人に対する闘争」(リバイアサン)の時代に逆戻りである。

 国際法秩序が崩壊したら、「核」も盾矛両面そろった軍隊も持たない日本は国として生き残れない。

 ウクライナ情勢は日本にとって、決してひとごとではない。ウクライナにとっても日本にとっても、ロシアは常に脅威の隣国である。違いはウクライナがロシアと平坦(へいたん)な地続きなのに対して、日本は幸運にも海で隔てられているということだけである。そして日本は今も千島列島をロシアに不法占拠されているという事実を、決して忘れてはならない。

残り468文字(全文807文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事