国際・政治ワールドウオッチ

撤退か在留か、在ミャンマー日本企業への試練続く=増田篤

 2021年2月に始まったミャンマー国軍の市民弾圧は、ロシアのウクライナ侵攻で国際ニュースの前面から遠ざかりつつある。最大都市ヤンゴンなどでの戦闘は小康状態となっているようだが、国軍と民主派との間で抜本解決の道筋はほとんど見えていない。そんな中、ミャンマーに拠点を置く日本企業の多くが、撤退か在留か──。厳しい選択を迫られている。

 19年4月にミャンマーにヤンゴン・ジャパン・メディカル・センターを開院、日本人医師が常駐する健診サービスを始めた社会医療法人社団三思会(神奈川県厚木市)はその後、休診を余儀なくされる一方で、昨年11月からミャンマー在留邦人向けのオンライン医療相談を開始した。今年3月に現地入りした同会スタッフは、「ヤンゴンの飲食店もにぎわっており、コロナ前の様子が戻りつつある」と指摘。「現地医療ニーズの高まりは実…

残り166文字(全文531文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事