国際・政治ワールドウオッチ

シドニー 連休中の交通機関すべて「タダ」=守屋太郎

 豪州東部シドニーの地元州政府は4月14~25日の12日間、同市周辺の広範囲で、公営の鉄道やバス、フェリーを無料化した。「鉄道・路面電車・バス労働組合」(RTBU)が2月、賃上げや労働環境の改善、民営化反対を訴えてストを計画したところ、“逆切れ”した州政府が24時間の運休を強行。市民の足に大きな影響が出たため、批判を和らげる狙いで異例の大盤振る舞いに踏み切った形だ。

 コロナ禍のロックダウン(都市封鎖)で疲弊した観光・サービス業を支援する経済対策の側面もある。イースター(復活祭)の4連休(15~18日)は天候にも恵まれ、「シドニー湾で船に乗ったり、電車でビーチまで遠出したり、子どもを連れて移動しまくった」(30代主婦)という。豪州は日本のように私鉄網がなく、一部の民間フェリーなどを除き、ほぼ全線が州営となっている。原資は税金だが、無料化は総じて好評だったようだ…

残り139文字(全文523文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事