マーケット・金融深層真相

仮想通貨を暴落させた「テラショック」とは?

仮想通貨がはらむマネーゲームの本質を露呈

 仮想通貨(暗号資産)市場への信頼が大きく揺らいでいる。5月に入りビットコインをはじめ、ほとんどの通貨が大幅に下落した。震源は「テラUSD(UST)」の暴落だ。その特徴は、法定通貨を資産の裏付けとする「ステーブルコイン」であること。この種の仮想通貨は通常、ドルとペッグ(連動)、つまり常に1ドルの価値を持つよう設計され、「価値が安定している」とされていた。

 ところが今回、テラUSDは、ドルとの「連動」が外れてしまった。要因は連動の仕方が特殊だったからだと見られる。例えば、ステーブルコインの中でも時価総額の大きい「テザー」などは、法定通貨で構成される準備金で裏付けられている。一方、テラUSDは、「ルナ」という仮想通貨と交換できるようにしていた。つまり、テラUSDが1ドルを下回ると、1ドル相当のルナで補完される仕組みのアルゴリズムが組まれていたという。…

残り192文字(全文590文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事