【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業深層真相

専売ゲーム作れないほど品薄のPS5に「転売屋」の影

 発売から1年半が経過しながら、いまだに世界で品薄の据え置き型ゲーム機、ソニーの「プレイステーション5(PS5)」だが、この事態にゲーム開発企業も手をこまねいている。あるゲーム開発者によれば、PS5専売ゲームを開発する話は何度も上がっているという。しかし、「PS5でしか実現できない利点を盛り込まないと商売にならず、品薄状態が続く中では開発コストが見合わない」のだ。

 専売ゲームの開発に踏み切れない訳には、「転売屋」の存在もある。PS5のタイレシオ(ハード1台に対して何本のソフトが売れているかの割合)は0・3以下といわれている。たとえば、ニンテンドーWiiもコロナ禍で「Wiiフィット」というタイトルだけを買うユーザーが多かったが、それでもハード1台に対してソフト1本が売れるため、タイレシオは1を超える。「PS5のように1を割り込む状況は異常。大量の在庫が転売屋…

残り146文字(全文529文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事