経済・企業深層真相

専売ゲーム作れないほど品薄のPS5に「転売屋」の影

 発売から1年半が経過しながら、いまだに世界で品薄の据え置き型ゲーム機、ソニーの「プレイステーション5(PS5)」だが、この事態にゲーム開発企業も手をこまねいている。あるゲーム開発者によれば、PS5専売ゲームを開発する話は何度も上がっているという。しかし、「PS5でしか実現できない利点を盛り込まないと商売にならず、品薄状態が続く中では開発コストが見合わない」のだ。

 専売ゲームの開発に踏み切れない訳には、「転売屋」の存在もある。PS5のタイレシオ(ハード1台に対して何本のソフトが売れているかの割合)は0・3以下といわれている。たとえば、ニンテンドーWiiもコロナ禍で「Wiiフィット」というタイトルだけを買うユーザーが多かったが、それでもハード1台に対してソフト1本が売れるため、タイレシオは1を超える。「PS5のように1を割り込む状況は異常。大量の在庫が転売屋…

残り146文字(全文529文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事