週刊エコノミスト Online闘論席

意味のないマスクにこだわるバカ=小林よしのり

小林よしのりの闘論席

 インフルエンザ流行時は、ドアノブからの接触感染に注意するようにと普通に言われていた。

『人体大全』(ビル・ブライソン著・桐谷知未訳/新潮社)によると、アリゾナ大学で行われたウイルスの感染経路の研究では、紫外線のもとでしか見えない染料を混ぜた液体をオフィスビルのドアノブに「感染」させたところ、たった4時間で「ウイルス」がビル全体に広がり、社員の半数以上を「感染」させたという。

 インフルエンザは飛沫(ひまつ)感染だと大多数の人が思い込んでいるが、実は接触感染が一番多いのである。

残り531文字(全文780文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事