教養・歴史書評

現役チベット人作家10人の幻想的な短編13作=加藤 徹

近現代の激動を生きるチベット人の心象風景を読む

 チベットというと、中国に対して「高度な自治」を求め続けるダライ・ラマ14世が有名だが、ふつうのチベット人は自分たちの歴史や文化をどのようにとらえているのか。星泉・三浦順子・海老原志穂編訳『チベット幻想奇譚』(春陽堂書店、2640円)は、近現代の激動を生きるチベット人の心象風景を、彼らの「肉声」を通じて伝える珠玉の短編小説集だ。1960年代から90年代生まれまでの現役のチベット人作家10人の作品を収録する。いずれも「人々の現実社会に対する不安やそれに端を発する狂気に独特のまなざしを向けた作品」であり、「本書に収録された多様な作品をきっかけに、チベットの歴史や文化、そして彼らがくぐり抜けてきた激動の現代史に思いをはせていただければ幸いです」。

 例えば「三代の夢」は、日本や欧米各国でも翻訳が出ているタクブンジャの初期の代表作だ。近現代のチベット人一家3世代の運命を描く。初代のグルゴン・ラヤクは、山村に住む人妻が山の神と交わって生まれた民話的な英雄だ。

残り432文字(全文884文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事