週刊エコノミスト OnlineゼロコストでPR SNS活用術

「見て理解できる」のがプレスリリース

プレスリリースはタイトルと写真で9割が決まる=笹木郁乃/22

 メディア掲載を獲得するために最も有効な手段となるプレスリリースだが、メディア関係者の元には日々、大量のリリースが送られてくる。

 そのため、多忙なときはすべてのプレスリリースを最後まで読む時間はない。元記者によると、そうした状況で最後まで読む判断をするポイントが「タイトル」と「写真」という。この二つで、掲載につながるかの9割が決まるといっても過言ではないだろう。

 以下は、タイトルを変更したことで、6媒体に掲載された事例の一つだ。

【変更前】Makuake(マクアケ)で達成率3740%のフラット構造のたき火台 5月22日から一般発売開始。売り上げ45%ダウンの自動車部品メーカーがコロナ禍を逆手に新規事業

【変更後】クラウドファンディング(ネット活用の資金調達)で、大注目フラット構造のたき火台 5月22日から一般販売開始。売り上げ45%ダウンの自動車部品メーカーがコロナ禍逆手に新規事業

「見て理解できる」

 タイトルは「読んで理解できる」ではなく、「見て理解できる」まで落とし込む必要がある。専門用語や英語や略語、カタカナばかりのタイトルなど、パッと見て理解できないものは、残念ながら即ゴミ箱行き。目安として、小学6年生の子どもが聞いただけで理解できることを心がけよう。

 また、事実を端的に伝えることも大切だ。事例では、「マクアケで3740…

残り800文字(全文1400文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事