【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online株式市場が注目!海外企業

主軸はコーヒーマシンに調理家電 イタリアのデロンギ=児玉万里子

コロナ禍でデロンギの売上高は大幅に伸びた
コロナ禍でデロンギの売上高は大幅に伸びた

De’Longhi 巣ごもり消費で売上高急増=児玉万里子/35 

 イタリア北東部のベネト州トレビソを拠点とする小型家電メーカー、デロンギはコーヒーマシン、特にエスプレッソマシンで世界的に有名な企業だ。調理家電(家庭用調理機器)でも大手の一角を占めている。グローバルな大手家電メーカーと異なって小型製品に的を絞っており、2021年12月期の売上高も32億ユーロ(約4480億円)と、特に巨大企業というわけではない。

 デロンギは1902年に家電の交換部品などの下請け工場として創業した。戦後は電気機器を製造し、74年に初の自社ブランドの住宅用オイルヒーターを発売。80年代にはブランドの知名度も高まり、イタリア国外へ進出した。

 現在の事業の中核となっているコーヒーマシンに進出したのは93年である。03年に最初の自動コーヒーマシンを発売、07年には全自動エスプレッソマシンの世界トップ級のメーカーになっている。この間、04年に食品業界の巨人、スイスのネスレグループのネスプレッソと協業を開始したことが奏功した。ネスプレッソは、調整したコーヒーの粉のカプセルを専用の抽出機に装着してエスプレッソコーヒーを抽出する家庭用システムで、デロンギもこのシステムに機器を提供する一社として参加している。

 二つ目の事業の柱は調理家電である。01年に「ケンウッド」ブランド(英国)、12年に「ブラウン」ブランド(米国)を取得し、ハンドブレンダー(軸が回転することで撹拌(かくはん)できるハンディータイプのキッチン家電)やフードプロセッサーなどを提供している。

事業再編で躍進

 同社にとって、大事なポイントとなったのは、10年代の事業の選択と再編である。11年に業務用機器の事業を分社化し、15年には業務用空調設備事業を三菱電機に譲渡。一方、17年にスイスの業務用エスプレッソマシンメーカーのエバシス、20年には米国のブレンダーのブランドなどを買収した。

 今日、デロンギの売上高の約半分はコーヒーマシン、約3割が調理家電、ほかにオイルヒーター、アイロン、ポータブル空気清浄機などを手掛けている。製品の企画設計・デザインはイタリア国内、製造は中国とルーマニアに拠点を有している。この間、01年には株式をミラノ証券取引所に上場した。

 デロンギの売上高は12〜19年は毎年1ケタの増加にとどまっていたが、その後は新型コロナウイルス禍を背景にした生活スタイルの変化や家庭での調理への関心の高まりにより、コーヒーマシンや調理家電の販売数量が増え、売上高が大きく伸びている。特に、21年12月期の売上高は前期に比べ37%増加し、新規に取…

残り1109文字(全文2209文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事