週刊エコノミスト Online編集後記

北條一浩/桐山友一

編集部から

 東京で6月27日に梅雨明けが宣言され、気温が連日30度台後半に迫る。そんな中、ある日用品について考えが一変する出来事があった。傘である。梅雨の時期は折り畳みを持ち歩いていたが、ほとんど雨が降らなくなって家に置いていこうと考えていた矢先、家族の一言が刺さった。「差していけば?」。

 つまりは日傘である。で、差してみたら明らかに違う。日陰を“携帯”している感じなのだ。私には「男が日傘なんて」という意識があった。実際、道で差している人はほとんどが女性である。だが、なぜ男性は日傘を差さないのだろうか。良い機会だと思って考えてみてもなかなか理由が分からない。もしかすると、ジェンダーとも関係があるのかもしれない。

 ともかく、この猛暑には危険すら感じる。今年は見方を変えて、男性も日傘を差してみることを勧めたい。

残り1074文字(全文1432文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事