国際・政治深層真相

岸防衛相の交代が焦点 後継候補に寺田補佐官

寺田稔首相補佐官
寺田稔首相補佐官

 岸田文雄首相は参院選を終えた後、内閣改造を実施する見通しだ。焦点の一つが岸信夫防衛相の交代。5月の衆院予算委員会で着席したまま答弁して健康悪化を印象づけた。7月の人事異動では、安倍晋三元首相の秘書官を務めた島田和久防衛事務次官の留任案を官邸が一蹴し、同期の鈴木敦夫防衛装備庁長官を昇格させたばかり。安倍元首相の影響力を削(そ)いで独自色を強める岸田流人事の一環と見られている。

 防衛相の後継候補としては、小野寺五典元防衛相=岸田派(宏池会)事務総長代理=の名も挙がるが、ここに来て注目されているのが寺田稔首相補佐官=写真=だ。岸田首相と同じ広島県選出の衆院議員(6期)で、妻の祖父が宏池会創設者の池田勇人元首相。義理の叔父にあたる池田行彦元外相の死去に伴って、財務官僚から政治家に転身した。線が細い印象も与えるが、頭脳明晰(めいせき)でバランス感覚に優れ、首相の信頼は厚い。

残り178文字(全文566文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事