経済・企業深層真相

速く泳ぐ魚を目指せるか 45歳のシャープ新社長

 6月23日の株主総会を機に、シャープの再建を果たした親会社の台湾・鴻海精密工業出身の戴正呉会長が退任するとともに、補佐役を担ってきた野村勝明社長も退任し、新社長兼CEO(最高経営責任者)となった呉柏勲氏にバトンを渡した。在任最終日に戴氏が社員に送ったのは、「シャープは大きな魚ではなく、速く泳ぐ魚を目指せ」という言葉だった。

 70歳を迎えている戴氏は、3年前から退任を明言してきたが、後継者の人選は難航。ようやく白羽の矢が立ったのが呉氏だった。7月に45歳となる呉氏は、戴氏からは25歳の若返りとなる。鴻海で10年、シャープや液晶パネル生産の堺ディスプレイプロダクトで10年の勤務経験を持ち、シャープのタイ販売子会社の社長を務めたが、「経営者としての経験は実質的にゼロだ」(シャープ関係者)という。

残り142文字(全文492文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事