経済・企業深層真相

つまずいたトヨタ新EV 短期間で開発があだ?

 トヨタ自動車の電気自動車(EV)戦略に暗雲が漂っている。5月12日から国内で注文受け付けを開始したばかりのEV「bZ4X」で、タイヤを取り付けているハブボルトが緩んでタイヤが脱落するおそれがあることが判明。6月23日に国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出て販売を停止し、ユーザーにも使用停止を要請した。

 タイヤが外れる可能性があるような重大な不具合は乗用車では珍しい。bZ4Xは資本提携しているSUBARUと共同開発したトヨタとして初の量産型EVだ。ハイブリッド車に注力してきたトヨタが、EVで巻き返しを図る戦略モデルとなるはずだったが、いきなりつまずいた格好だ。

残り238文字(全文526文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事