国際・政治ワールドウオッチ

中絶のためにカリフォルニアへ来る女性が30倍になる可能性=瀧口範子

女性の中絶権を認めるよう求める抗議デモ(ロサンゼルス) Bloomberg
女性の中絶権を認めるよう求める抗議デモ(ロサンゼルス) Bloomberg

カリフォルニア 州が「中絶の権利」保障=瀧口範子

 米連邦最高裁判所が6月24日、米国で49年間認められてきた女性の中絶権を合憲でないと覆した。これに伴い、共和党勢力が強い保守的な州ですでに中絶禁止法が施行され、いずれ26州が同様の法律を持つようになると見られている。そうした中、中絶を禁止しないカリフォルニア州は、女性の“駆け込み寺”になるかもしれない。

 最高裁の判決を待たずして、カリフォルニア州では中絶に関するいくつもの法案が提出されていた。それらは、中絶手術をするために同州にやってくる女性たちや、手術を行うクリニックなどを民事上の責任から保護するものだ。

残り244文字(全文525文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事