国際・政治ワールドウオッチ

ロンドン地下鉄もストップ 鉄道時限スト続く恐れも=酒井元美

ストで閉鎖されたロンドン・ウォータールー駅のプラットホーム Bloomberg
ストで閉鎖されたロンドン・ウォータールー駅のプラットホーム Bloomberg

英国 鉄道スト「過去30年で最大規模」=酒井元実

 英国の鉄道界で6月下旬、3日間にわたって大半の列車が止まるストライキが行われた。参加した組合員は計3日で4万人に達し、「過去30年で最大規模」となった。通常1日当たり約2万本の列車運行本数は4分の1まで削減され、ロンドン地下鉄労組もストを実施したことで、一時は首都圏を中心に全く列車が動かない事態が起きた。

 ストは6月21、23、25日に実施。1週間以上前に予告されたため、日程や交通手段を変更して自衛策を取る市民が多かった。しかし、海外からの観光客はそうはいかない。筆者はスト1日目にロンドン西部のヒースロー空港を利用した際、空港と市内を結ぶ鉄道も地下鉄も動いていない様子にぼうぜん自失する観光客の姿を多数目にした。

残り198文字(全文532文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事