国際・政治

ウクライナ停戦を左右する軍事支援 注目は米国の動向 広瀬佳一

新たな局面に移行するには最新の戦車などが必要だがコストが大幅増になる Bloomberg
新たな局面に移行するには最新の戦車などが必要だがコストが大幅増になる Bloomberg

 膠着化した戦況を打開に導くには何が必要か。

支援めぐり欧州諸国に温度差 負担かさむ米国は選択肢狭まる

 ロシア・ウクライナ戦争は、依然として停戦の行方が見えない。ウクライナのゼレンスキー政権は、最低でも2月24日の開戦前の状況への復帰を求めている。ウクライナ国民の間では、東部ドンバスやクリミア半島奪還を含めた2014年以前への復帰を求める声も増えるなど、停戦に向けたハードルはますます高くなっている。

 停戦の可能性を探るときに、不可欠なのが北大西洋条約機構(NATO)加盟国の軍事援助だ。実は、この武器援助が圧倒的に多いのは米国で、今年1月から8月までに実施済みと実施予定の武器援助を合わせると135億ドルに及ぶと発表されている。これは21年度のウクライナ国防費全体の2倍以上にのぼっている。ウクライナ単独での停戦が現実的ではない状況において、戦況を大きく変える武器援助で、突出した支援を行う米国の動…

残り2203文字(全文2603文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事