【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online闘論席

AIの発明をAIが審査する日に向けて 池谷裕二

撮影 中村琢磨
撮影 中村琢磨

池谷裕二の闘論席

 日本を代表する文学賞の一つ「星新一賞」に、今年初めて人工知能(AI)を使った作品が入賞した。AIが編み出したプロットや文章に人間が手を加えて仕上げた共同作品で、100%AIによる創作、ではないものの、早晩、AIが受賞者となっても不思議でない。

 科学界では、AIがノーベル賞を受賞する可能性も真剣に議論されている。むろん、人間以外の「代行者」に科学賞の受賞資格があるかどうかは、賞の規定次第ではある。

 似たような議論が、いま特許制度で湧き起こっている。すでに100を超える国々でAIシステムを「発明者」とする特許出願がなされている。内容はワクチン開発から創薬、材料工学、宇宙技術、船舶など多岐にわたる。特許法は発明者が人間であることを前提に作られている。つまり、「何」が発明されたかと同じくらい、「誰」が発明したかを重視する。この意味で、AI発明の申請は、特許制度の争点に新しい局面をもたらしたといえ…

残り415文字(全文823文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事