【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治闘論席

三つの50周年が照らす日中関係の今 片山杜秀

撮影 中村琢磨
撮影 中村琢磨

片山杜秀の闘論席

 1972年2月21日、ニクソン大統領が北京を訪問。5月15日、沖縄返還。9月29日、日本は中華人民共和国と国交を結び、中華民国とは国交断絶に至る。そろって今年が50周年。

 当たり前だが、沖縄返還はにわかに実現したのではない。60年に岸信介内閣は米国との安全保障条約を改定した。両国が条約を見直す節目の年は10年後に設定された。つまり70年である。64年に成立した佐藤栄作内閣は米国にこう説明したろう。日本国民の反米感情は根強い。70年には、60年を凌(しの)ぐ水準で反安保闘争が激化するかもしれない。国民感情を親米に傾ける工夫が要る。沖縄返還しかない。

 米国はそれを理解した。だが、沖縄の米軍基地は手放せない。共産主義の大国、中華人民共和国から、親米の中華民国を防衛するために、とりわけ必要だからだ。そこで基地は残して72年に返還すると、69年に決まった。

残り439文字(全文826文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事