週刊エコノミスト Online闘論席

日本の自称保守派は何を保守したいのか 小林よしのり

撮影 矢頭智剛(署名原本は国立公文書館所蔵)
撮影 矢頭智剛(署名原本は国立公文書館所蔵)

小林よしのりの闘論席

「戦争の最終目的は相手国の憲法を変えることである」というのは、憲法学の通説だ。米軍も日本を武力で占領して憲法を変えた。それが日本国憲法だ。

 もしも武力を用いず相手国の権力中枢に潜入して、憲法を変えることができれば、それが一番いい。銃弾の一発も撃たず、戦争に完全勝利できるのだから。

 兵器を使わない戦争、見えない侵略というものもある。「旧統一協会」がそれを実行していて、わしはステルス侵略と名付けている。

 政治家に選挙ボランティアを提供して恩を売りつつ、この「反日・反天皇カルト」は巧みに権力を侵食していった。そして選択的夫婦別姓反対やLGBT(性的少数者)の権利拡大反対、皇位継承問題の男系固執など、統一協会の主張と自民党の政策はほぼ一体となり、連携して運動していった。

残り426文字(全文771文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事