【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治闘論席

韓国の「対中弱腰外交」から学べること

撮影 中村琢磨
撮影 中村琢磨

古賀茂明の闘論席

「日本にバランス外交はできませんよ」

 言い放ったのは、韓国の政府高官A氏だ。米国一辺倒の外交安保政策を採る日本と米韓同盟がありながら、時として米国を怒らせる言動をとる韓国を比較しながら、「日本も米国一辺倒を見直す時だと思う」との私の発言への反応だ。A氏は続けた。

「日本と韓国は歴史が異なる。古来、韓国朝鮮の生存は中国との関係にかかっていた。戦いが繰り返され、属国になったこともある。韓国と北朝鮮は一体で、中国と地続きの長い国境線を有する。対中関係の安定が、古くから我々の外交の最優先課題だった。

 日本は元寇(げんこう)の時以外中国大陸の国に攻撃されたことはないし、占領されたこともない。太平洋戦争に負けたが、占領したのは米国だった。その後、日本は米国に頼るしかなく、今日に至る。米国は日本を一番信頼しているが、韓国のことは本当には信頼していない。

残り457文字(全文838文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月18日号

EV&電池世界戦16 米中欧のEV覇権争いと戦略なき日本の危機 ■野辺 継男18 蓄電池は21世紀の石油 ニーズこそ進化を促す20 インタビュー 只信一生 電池サプライチェーン協議会会長、パナソニックエナジー社長 「蓄電インフラ整備こそ日本の課題」21 米国先制 17州が35年に「脱ガソリン車」 ■ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事