【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治深層真相

前環境次官の日本製鉄入りで脱炭素技術の開発支援に期待

 日本製鉄が9月1日に発表した人事が話題を呼んでいる。7月に退官した中井徳太郎・前環境事務次官=写真=を顧問に迎えるとの内容だ。中井氏は、二酸化炭素(CO₂)排出量に応じた炭素税の推進派として知られ、財界の反発を受けながらも必要性を説いてきた。「CO₂多排出産業」ゆえ炭素税のダメージが大きそうな製鉄会社の顧問就任には「まるで検事から弁護士への転身だ」と驚く人も多い。

 ただし、中井氏は炭素税の導入に意欲を見せていたものの、在官中の導入には至らず、環境省の2023年度の税制改正要望でも炭素税に対して直接言及することはなかった。本人は「今後は脱炭素に向けて自ら汗をかく」と語っている。

残り258文字(全文550文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事