【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治ワールドウオッチ

バカンスで海外に行くイタリア人は増えたが行き先は近場に 山本千菜美

イタリア北西部のビーチ 筆者撮影
イタリア北西部のビーチ 筆者撮影

 イタリア人のバカンスにも、ウクライナ戦争の影響が表れた。新型コロナウイルスが落ち着いたことによる渡航規制の緩和などで、海外旅行をする人は9.8%と昨年調査時の5.1%から増加した一方で、「ウクラナイナ情勢が旅行先選定に影響しなかった」と回答した人は約17%にとどまった。多くの海外旅行者がその影響を考慮に入れ、近隣国を選択した。

 イタリア人の多くは、8月15日前後で2~3週間程度の休暇を取得する。海に行き、浜辺でのんびり過ごすのがバカンスの定番だ。同国のホテル・観光協会連盟が7月に実施した調査によると、3400万人以上のイタリア人が夏季休暇を取得、もしくはこれから取得するとし、そのうち90%が国内を旅行先に選択した。

残り198文字(全文510文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月18日号

EV&電池世界戦16 米中欧のEV覇権争いと戦略なき日本の危機 ■野辺 継男18 蓄電池は21世紀の石油 ニーズこそ進化を促す20 インタビュー 只信一生 電池サプライチェーン協議会会長、パナソニックエナジー社長 「蓄電インフラ整備こそ日本の課題」21 米国先制 17州が35年に「脱ガソリン車」 ■ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事