投資・運用THE MARKET

《ドル・円》過去最大の日本の貿易赤字が円売り圧力に 深谷幸司

 政府・日銀は円買い介入をしたが、ドル高・円安が止まらない。米国でインフレが高止まる中、米連邦準備制度理事会(FRB)は金融引き締め姿勢を強め、米長期金利は一段と上昇した。日米金利差の拡大を材料にドル買い・円売りが続く。足元でドルは欧州や他の通貨に対しても堅調だ。円安というよりドル高の様相が強い。また最近の円安ペースの鈍化は介入効果もあろう。

 ただ、円を巡る需給は円安に傾いたままだ。ベースには過去最大となった日本の貿易赤字による円売り圧力がある。これに投機的な円売りと日本人投資家の外貨資産投資による円売りが重なる。9月の円買い介入は8月の貿易赤字額とほぼ同額だった。実需の円売りを吸収した。しかし、継続的に実施しなければ需給バランスは変わらない。

残り143文字(全文469文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事