経済・企業

低迷気味の保育銘柄 “国策テーマ株”として面白みも 小林美希

本文とは関係ありません 筆者撮影
本文とは関係ありません 筆者撮影

 短期間で株式上場を果たすなど、保育参入企業の成功ストーリーは少なくはない。だが、株式市場の評価は甘くない。>>特集「保育バブル崩壊」はこちら

“保育バブル”の波に乗って保育銘柄は一時、高値をつけたが、ここへきて多くは株価が低迷している。保育事業を主力とする主な銘柄は6社ある。そのうちJPホールディングス、ライクの株価は堅調だが、グローバルキッズCOMPANY、テノ.ホールディングス、さくらさくプラス、ポピンズの4社が、9月から10月にかけて年初来安値をつけている。

 保育銘柄の初の上場となったのは、元証券会社の山口洋氏が創業したJPホールディングスだ。同社は始まりはパチンコ店でのワゴンサービス業だったが2000年に保育に参入し、02年にジャスダックに株式を上場。JP社の「アスク」保育園は、業界最大手に成長した。続いてライクが05年に上場。ライクも創業は旅行サービスやモバイル向け人材派遣だったが、保育業界2位につけている。

異業種から続々参入

 待機児童問題がクローズアップされた13年4月、政府が「待機児童解消加速化プラン」を発表し、待機児童対策が目玉政策になって“保育バブル”が始まった。安倍晋三政権が株式会社を保育の受け皿整備の立役者にしようとした期待感から、業績を伸ばすJP株は13年7月の株式分割まで株価上昇を続けた。

 その後17年6月に政府は「子育て安心プラン」を発表。保育園を作るため多額の税金がかつてないスピードで投入され、保育バブルは絶頂を迎える。その流れに乗って保育園を次々と開園したライクの株価も上昇した。

 そうした成功ストーリーを追うように、やはり異業種から参入して保育大手になったグローバルキッズCOMPNAYが16年に株式を上場した。公開価格2000円に対して初値が3200円と華々しいスタートを切ったが、その後、株価は下落。22年10月21日に年初来安値を更新し、576円となった。18年には福岡市に本社を置き、東京に「ほっぺるランド」保育園を積極展開するテノ.ホールディングスが上場。20年には最高値1800円台を付けたが、現在は500円台だ。19年に「あいあい」…

残り1249文字(全文2149文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事