週刊エコノミスト Online編集後記

桐山友一/荒木涼子

編集部から

 5年に1度の中国共産党大会が閉幕し、習近平体制が異例の3期目に突入した。側近で固めた新指導部の人事で、有力な後継者は見当たらない。「終身制」すらささやかれるが、実際は反腐敗闘争によってうらみを買いすぎ、引くに引けなくなっているのではないか。

 現在69歳の習氏は、54歳で最高指導部の政治局常務委員となり、59歳でトップの総書記になった。しかし、今回の常務委員(7人)の顔ぶれは、最も若くて丁薛祥氏の60歳。24人の政治局員でも57歳で、年齢構成だけを見ても後継者に譲る気などさらさらなさそうだ。

 習体制の10年間で腐敗摘発は464万件にのぼるといい、中には周永康氏ら有力者も含まれている。権力を弱めれば、いつ寝首をかかれるか分からない──。そんな恐怖が習氏につきまとってもおかしくない。引き際を逃した政治指導者の「哀れ」にも見える。

残り1092文字(全文1464文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事