週刊エコノミスト Online深層真相

「環境より税収」の財務省に自動車業界あきれた顔

 政府・与党の2023年度の自動車関連の税制改正で、普及拡大が見込まれる電気自動車(EV)を巡って激しい攻防が繰り広げられた。

 自動車業界や経済産業省は、環境に優しい自動車の普及促進に向けてEVをはじめとする電動車を減税するエコカー減税の23年5月以降の延長を要望。これに対して、エコカーの普及で税収が減少していることを懸念する財務省や総務省は反対の立場だった。

 とくに財務省は、ガソリンや軽油を使用しないEVが本格的に普及した場合、ガソリン税などの税収が大幅に減少することを問題視。自動車に対する新たな課税として、走行した距離に応じて課税する「走行距離課税」の導入を打ち出した。

残り223文字(全文513文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月13日号

電力が無料になる日 NTT、東電、トヨタが拓く未来14 NTT、東電、トヨタの共闘 捨てる再エネは「宝の山」■金山隆一18 インタビュー 森島龍太・電池サプライチェーン協議会業務執行理事「電池は国家のエネルギー戦略そのもの」19 電池のリユースは自動車業界の命綱■藤後精一20 EV電池の送電接続こそ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事