経済・企業独眼経眼

日銀を政策修正に踏み切らせる「価格転嫁」の波 藤代宏一

 今年は、日銀の政策修正に注目が集まる。政策修正にあたり、その「理由」になり得るのは、企業の価格設定スタンスの変化であろう。特にいま注目されているのは、中小の非製造業の価格設定スタンスが強気化していることである。

 販売価格について「上昇」と答えた割合から「下落」と答えた割合を引いた、販売価格判断DI(日銀短観)が、大企業との格差縮小を伴いながら、大きくプラス圏に突き出ている(図1)。このことは、(財だけでなく)サービスにも価格転嫁の波が広がっていることを意味する。

 筆者が重視するこのDIは1990年代以降、大半の期間マイナス圏で推移し、中小企業の価格交渉力の弱さを象徴してきたが、今次局面において約30年ぶりの高水準に到達している。価格設定スタンスの強気化が財・サービス間のみならず、大企業・中小企業間でも観察され、横断的になっていることは、経済全体として価格転嫁が「常識」になりつつあることを示している。

 問題はその持続性だが、労働市場における需給逼迫(ひっぱく)が構造的色彩を帯びつつあることを踏まえると、過去の(一時的)インフレ局面に比べ、持続性が増している可能性は高い。

労働コストも高止まり

 ここで労働市場に目を向けてみると、従業員などの過剰感を示す雇用人員判断DI(日銀短観)が、バブル崩壊以降で最高レベルの「不足超領域」に達する中、失業率は2.5%と低水準で推移している。同時に労働…

残り480文字(全文1080文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事