投資・運用THE MARKET

《東京市場》NISA拡充、個人の買いに期待 三井郁男

 世界銀行は2023年の世界経済の実質成長率見通しを、半年前の前回見通しの3.0%から1.7%に下方修正した。先進国は2.2%から0.5%、米国は2.4%から0.5%、ユーロ圏は1.9%から0%と大幅に下方修正された。日本の成長率見通しは1.3%から1.0%に修正された。

 昨年末にかけ再上昇した米国長期金利や、日銀の金融政策の修正以降円高が進み、日米株価は大幅調整した。年初も欧米の景気後退や中国のコロナ感染爆発などを懸念し軟調な展開が続き、一時日経平均は2万6000円を割れ株価収益率(PER)は12倍まで低下した。さらなる株価下落リスクは小さいと見るが重苦しい雰囲気が続いた。

 米国経済は、12月に賃金上昇率の上昇幅が11月に比べて低下した一方で、失業率は改善。強弱入り交じる内容で景気後退の懸念は多少和らいだ。欧州経済は、記録的な暖冬でエネルギー需要が大幅に低下し家計や企業業績への圧迫を緩和し、インフレや景況感は想定より改善している。中国は厳格なゼロコロナ規制が事実上撤廃され、人流の回復とともにコロナ感染が大爆発しているが、1~3月期にほぼ集団免疫状態になりコロナ感染は…

残り418文字(全文909文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事