投資・運用THE MARKET

《NY市場》市場の不透明感を見極めへ、金融政策と業績動向を注視 橋本真拓

 米国株式市場は当面の間、ボラティリティー(変動性)の高い相場が続くと見ている。景気減速を受け財価格はピークアウトしたが、賃金上昇の影響でサービス価格はしばらくの高止まりが予想される。また、当局が引き締めの手を緩める場合、物価高が再加速するリスクが意識されるため、インフレの低下基調が如実に表れるまで金融政策のハト派転換は期待薄だ。利上げ停止が期待されているが、その後の利下げタイミングには不確実性が伴っている。

 企業業績の観点からは、インフレの影響により米企業の売上高は前年比プラス成長が続くと予想される。一方、利益率には圧力がかかり既に市場は2023年の減益を想定している。景気減速が深刻化し売り上げが急速に悪化するなど、企業業績が想定を超えて下振れる可能性に警戒が必要だ。ただ、利上げが停止され業績修正の悪材料の出尽くしなどで不透明感が払拭(ふっしょく)され、24年以降の景気回復への期待が高まれば、23年…

残り121文字(全文527文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事