経済・企業THE MARKET

《NY市場》23年中盤から徐々に回復へ 武井章浩

 米国での40年ぶりの高インフレは2022年、長期金利を上昇させ、米連邦準備制度理事会(FRB)に強力な金融引き締めを実施させた。米国株はその影響で大きく下げたが、インフレはピークを過ぎたと見ている。

 利上げが浸透し、23年前半の米国経済は後退するとの見方がある。ただ、求人数は失業者数を大きく上回り、失業率も3%台半ばと歴史的な低水準で推移している。米国経済の約3分の2を占める個人消費も、インフレの沈静化で回復すると見てい…

残り320文字(全文533文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月6日号

上がる金&揺らぐドル 史上最高値への地殻変動16 米実質金利との逆相関 崩れた背景に中銀の買い ■村田 晋一郎/谷道 健太19 これで分かった! 「金」の基礎知識 Q&A ■池水 雄一 徹底展望 2023年末 金価格の見通し22 2300ドル 非民主的国家が買い増し 西側への不信で分断拡大 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事