国際・政治ワールドウオッチ

豪州の年金運用が11年ぶりにマイナスリターンに 守屋太郎

年金運用成績は老後の生活に大きな影響が及ぶ(シドニー) Bloomberg
年金運用成績は老後の生活に大きな影響が及ぶ(シドニー) Bloomberg

 豪州では全勤労者が加入する確定拠出年金「スーパーアニュエーション(スーパー)」があり、さまざまな運用機関がスーパー向けのファンドを運用している。その平均リターンが2022年、11年ぶりにマイナスとなった。各国の利上げによる株価下落などが背景にある。

 米国の「401k」など他国にも似た制度はあるが、豪州のスーパーは強制加入と企業の全額拠出(給与の10.5%)が特徴だ。国内外の株、債券、不動産投資信託などを組み合わせてリスク分散させたファンドが一般的…

残り341文字(全文567文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月13日号

電力が無料になる日 NTT、東電、トヨタが拓く未来14 NTT、東電、トヨタの共闘 捨てる再エネは「宝の山」 ■金山 隆一18 インタビュー 森島龍太・電池サプライチェーン協議会業務執行理事「電池は国家のエネルギー戦略そのもの」19 電池のリユースは自動車業界の命綱 ■藤後 精一20 EV電池の送電 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事