週刊エコノミスト Online特集

役立つ会計 EUがIFRSに反発か 修正版作成の動き=吉井一洋

    EUの動向はIFRSの方向性に影響を与えるかもしれない(Bloomberg)
    EUの動向はIFRSの方向性に影響を与えるかもしれない(Bloomberg)

     国際会計基準(IFRS)は世界の多くの国で受け入れられている。欧州連合(EU)は2005年にIFRSを導入し、その後の世界的な導入の流れを作ったという点で大きな影響を与えた。だが、そのEUが「EU版IFRS」を策定しようとする動きを見せている。

     EUは、環境問題や社会問題の解決を支援する「ESG」に熱心に取り組んできた。地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」や国連サミットでの「持続可能な開発目標」(SDGs)の採択(いずれも15年)以降、その傾向に拍車がかかっている。

     EU版IFRS設定の動きのきっかけとなったのは、「サステナブル(持続可能な)金融についてのハイレベル専門家グループ」(HLEG)が18年1月にまとめた最終報告書「持続可能な欧州経済の金融」である。HLEGはサステナブル金融に向けての全体的・包括的なロードマップの開発を支援するグループだ。

    残り1275文字(全文1658文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事