週刊エコノミスト Online特集

役立つ会計 事例で研究 異常点監査で粉飾を見抜け ポイントは売上高、利益、現預金、在庫=村井直志

    図1 東芝のパソコン事業の月別の推移を見ると、営業利益が売上高を上回っている(出所)東芝第三者委員会の調査報告書(2015年7月20日)
    図1 東芝のパソコン事業の月別の推移を見ると、営業利益が売上高を上回っている(出所)東芝第三者委員会の調査報告書(2015年7月20日)

     粉飾や横領という不正会計の予防・発見には、「目星をつけて、数字を見る」技法である「異常点監査」の思考が欠かせない。現代版の異常点監査「コンピューター利用監査技法(CAAT)」では、エクセルなどを活用して仮説を立て、抽出した異常なデータを検証する。

     京セラの稲盛和夫名誉会長は「売り上げを最大に、経費を最小にすれば、儲(もう)けが生まれる」という趣旨で、管理会計の要点を簡潔に言い表す。だが、この名言を少し変えると、まったく違った風景が見えてしまう。「売り上げを最大に見せかけ、経費を最小にできれば、儲けが生まれるぞ、チャレンジ!」。

     2015年に不正会計が発覚した東芝では、歴代社長らが「チャレンジ」と称して収益改善を強く迫り、「残り3日で利益を120億円改善しろ」などという常軌を逸した命令で、かつてない規模の「粉飾」が行われた。

    残り2443文字(全文2810文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット