週刊エコノミスト Online特集

役立つ会計 会計士が足りない! 4監査法人で年間数百人退職か 超多忙な業務に若手が嫌気=伊藤歩

4大監査法人の公認会計士等の推定年間退職者数の推移(注)年度は7月から翌年6月。ただし、トーマツは16年度は16年10月~17年5月、17年度は17年6月~18年5月(出所)各監査法人への取材などを基に筆者作成
4大監査法人の公認会計士等の推定年間退職者数の推移(注)年度は7月から翌年6月。ただし、トーマツは16年度は16年10月~17年5月、17年度は17年6月~18年5月(出所)各監査法人への取材などを基に筆者作成

 難関試験に合格しても、監査法人に就職できず、資格取得に必要な実務経験が積めない──。そんな時代があったことがうそのように、大手の監査法人は深刻な人手不足にあえいでいる。監査法人による青田買いの対象は、将来公認会計士試験に挑戦するであろう日商簿記2級取得者にまで広がっている。

 公認会計士試験には年間1100~1200人程度が合格し、そのうちおおむね9割が4大監査法人(EY新日本、トーマツ、あずさ、PwCあらた)に就職する。規模が大きいEY新日本、トーマツ、あずさは各300人前後。それだけの人数を採用しても人手不足は深刻化する一方で、昨年11月には、あずさが1年間の新規監査先の受注停止宣言を出したほどだ(今年6月末で解除)。

 原因は監査の最前線に立つ公認会計士が大量に監査法人を辞めていることにある。筆者が、4法人の公認会計士と公認会計士試験合格者(旧試験制度下での試験合格者である会計士補を含む。以下、会計士等)の年度末時点の所属人数と、当該年度内の新規採用人数などから、退職している会計士等の人数を推計したところ、4法人合計での年間退職者数は直近で約800人という結果を得た(図)。退職者には海外の提携先やグループ内の他…

残り921文字(全文1436文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事