【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online特集

役立つ会計 証券取引等監視委員会・浜田康委員に聞く 「不正会計企業に厳罰を」

有限責任あずさ監査法人代表社員・理事 浜田康
有限責任あずさ監査法人代表社員・理事 浜田康

 企業の不正会計撲滅を図る方法はあるのか。証券取引等監視委員会の浜田康委員に聞いた。

(聞き手・構成=松本惇/米江貴史・編集部)

 日本から粉飾決算がなかなかなくならない。悪質の度合いもさまざまだ。ただ検察庁や裁判所には会計専門の人材がおらず、今の会計基準や会計理論に対処し切れていない。例えば粉飾決算した東芝は米国会計基準を採用している。監査法人でも精通した人間が対応しているのに、検察などが対応するのは難しいだろう。会計に関する全ての事件を検察に委ねるには限界がある。

 一つの考え方として、不正の悪質度合いによっては、会計の主管部門でもある金融庁と証券取引等監視委員会にも判断させ、課徴金を引き上げて事件を決着させるという方法はどうだろうか。

残り1309文字(全文1630文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事