教養・歴史闘論席

池谷裕二の闘論席 人工知能と人間が協働すると成績が向上する

    人工知能と人間
    人工知能と人間

     人工知能と人間が協働すると成績が向上する──。そんな調査結果が発表された。

     米国立標準技術研究所のフィリップス博士らが今年6月の科学誌『米国科学アカデミー紀要』に発表した論文だ。

     博士らの実験対象は顔認証試験だ。二つの顔写真を見せ、それが同一人物か否かを判定させる試験を行った。人は個人差が大きく、得意な人と苦手な人がいる。法医学などの特定の専門家の中には、ときおり卓越した能力を発揮する人がいる。彼らは、指紋認証よりも高い精度で、個人を特定できる。

     人工知能も負けていない。過去3年ほどで人工知能による顔認証の性能も飛躍した。

    残り399文字(全文664文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット