国際・政治闘論席

池谷裕二の闘論席 渋滞緩和の最善策は課金か

     渋滞を緩和する最善策は、交通量に応じて課金すること──。そんな議論が専門家の間で交わされている。

     アメリカでは1人当たり年間42時間の渋滞に巻き込まれている。渋滞はストレスであるだけでなく、物流遅滞も深刻だ。渋滞による経済損失はアメリカ、イギリス、ドイツの3国で約50兆円という見積もりがある。また、渋滞中は自然走行時より平均80%以上も余計に燃料を食うため、環境にも優しくない。

     渋滞緩和策の一つは、人工知能によるカーナビ誘導だ。最新のGPS(全地球測位システム)は数センチ単位で車の位置を測定できる。そこで道路状況に応じて各車の経路を振り分けるのだ。特定の道路への一極集中が回避できれば、街全体としては効率的な交通が確保される。ただし、渋滞した場合より早く目的地に到着できたとしても、当人としては遠回りさせられた感覚になることもあり、素直に誘導に従わない人もいるだろう。

    残り327文字(全文715文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット