教養・歴史闘論席

古賀茂明の闘論席 NYの地下鉄は汚くて暑い

    夏休みに米ニューヨークを訪ね、久しぶりに地下鉄に乗った。昔に比べてきれいで安全になった地下鉄は観光客にとっても重要な足だ。

     しかし、きれいになったとはいえ、日本の地下鉄とは比べようもない。ボストンやワシントンに比べてもはるかに汚く、夏の間はホームが暑くて臭い。

     そんなニューヨークでは、ウーバーなどのライドシェアの発展により、2年連続で市内のバス・地下鉄の利用客が減ったという話が本誌に掲載された。

     ただし、利用客減少の理由はライドシェアだけではない。設備の老朽化などで故障が頻発し、補修などの工事で運休や遅延が日常化しており、乗客がウーバーなどに流れているのだ。

    残り493文字(全文775文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月7日号

    コロナで急変 世界経済入門22 400兆円の「株」待機資金 “倍返し”でバブル再燃も ■村田 晋一郎/吉脇 丈志25 何が起きるか 1 原油大暴落の先 原油安は続かない 年末70ドル反発も ■柴田 明夫26  2 株式市場大混乱 “コロナ”なしでも調整した 業績予想と期待のブレ ■居林 通28  3 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット