教養・歴史闘論席

片山杜秀の闘論席 国営地震保険に取り組んだ東条内閣

    撮影=幾島健太郎
    撮影=幾島健太郎

     太平洋戦争が始まってすぐ、東条英機内閣は、国民強制加入の国営地震保険の制度作りに取り組んだ。

     関東大震災で首都が壊滅してから日本海軍によるハワイ奇襲攻撃まで、18年しかたっていない。為政者たちは次の大地震を心配していた。何しろ日本は災害大国である。

     アメリカやイギリスや中国を相手に大戦争をしているさなか、もしも大都市圏に被害の及ぶ巨大地震が起きたらたまらない。兵隊に軍需産業の労働力。国民をギリギリいっぱいまで動員して極限まで緊張を強いている。そこに大震災が襲えば、おそらく継戦は不可能になるだろう。せめて災害に対応する国営保険くらいは作って、国民や企業を安心させなく…

    残り430文字(全文716文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事