週刊エコノミスト Online闘論席

小林よしのりの闘論席 医療現場において男女平等は

    医療現場における男女平等
    医療現場における男女平等

     医療現場においては、男女平等は次善の策に過ぎず、優先されるべきは人の命である。海外では女医が多いといっても、エストニアは男性の人口が女性の88%と少ないため、女医が進出するしかなく、女性にも徴兵制がある。欧州では、日本のように自由に診療所や病院を選べるわけではない。参考になるシステムを海外に求めても、日本の医療現場に比べれば、患者からみて得になる国などない。

     マスコミが理想論としての男女平等システムを唱えても、医者を信頼する日本人の国民性と経済効率の前に、むなしく敗れるだろう。女性も男性と平等の権利を持つというが、そもそも「right」を「権利」と訳したことが誤解の元で、福沢諭吉は『学問のすゝめ』で「権理」と訳している。

    残り440文字(全文755文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット