教養・歴史闘論席

古賀茂明の闘論席 安倍首相の主張を聞いて感じたのは

    撮影 渡辺直樹
    撮影 渡辺直樹

    自民党総裁選で安倍晋三首相が3選を果たした。安倍首相と石破茂元防衛相の論戦は、消化不良のまま終わったが、形式的には、安倍総理が掲げた公約が自民党内では信任を得たということになる。

     このうち経済問題については、石破氏が、アベノミクスでは地方や中小企業にその効果は及ばず、地方創生もできないと主張した。安倍総理は、過去5年半の実績を誇示して、アベノミクスの継続を訴え、勝利した。

     安倍首相の主張を聞いて感じたのは、国際的視点の欠如である。安倍首相は、名目GDP(国内総生産)が12%伸びたと胸を張ったが、海外からはどう見えるのか。

    残り517文字(全文780文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事